スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


親子愛。

全俺が泣いた



kimotiwaruii.jpg

この写真からもわかるようにブランゴはとても親子愛が強く
子供といえど母親がハンターに傷つけられないように
まだ歩行すらおぼつかない足で必死に走り体をぶつけてきたり
木登りすらままならない細い腕で大きな氷塊を一生懸命投げたりするのです

しかしどれだけ頑張っても悪魔のようなハンターは執拗に母の命を削ってゆきます
そしてやがて母親は最期を迎えます
子は悲しみで張り裂けそうな胸を気力でおさえつけ
最期の力をふり絞り母親へと歩み寄りお別れのキスをします
子の脳裏には色んな思い出が駆け巡るでしょう

生を受けたときの母親のあたたかさ
厳しい寒さの雪山
こごえないように自分を包んでくれた
ポポの狩り方を教えてくれた
狩りがうまくいかない日は一緒に銀シャリたべたね
「お日様がぽかぽかあったかくなったら僕たんぽぽをとってきてあげるね」
そう約束した時のうれしそうな母の笑顔

そんな様々な想いを胸に
今度は自分がしてもらったように母親を抱きしめ
自らの命が燃え尽きるその時まで
離れようとはしないのだそうです



                                  語り:るー。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。